ネットショップ
お知らせ

金持神社は鳥取県観光連盟主催の「因幡伯耆國 開運八社巡り」に参加しています。

干支にちなんだ神社や縁起の良い名前で知られる神社、八社を巡って御朱印を
いただきましょう。
札所売店では「手ぬぐいのみ」販売してます。
神社の紹介

御祭神

  天之常立尊(あめのとこたちのみこと)
八束水臣津努命(やつかみずおみずぬのみこと)
淤美豆奴命(おみずぬのみこと)

天常立尊を御祭神とする全国でも数少ない神社。国土経営、開運、国造りの神様をお祀りしています。

 由来

810年出雲の神官の次男が、伊勢神宮参拝のためこの地を通りかかったところ、お守りとして身につけていた神前の根付の玉石が急に重くなりました。そして、この地に宮造りするよう神夢があったので、宮造りしたと伝えられています。 金持郷は、昔、黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の真砂鉄が採れる谷を多く所有し、金具の文字で表されているように、鉄(てつ)のことを金(かね)と読んでいた事から、金の採れる谷を多く持つ郷「金持」と呼ばれるようになったと伝えられています。

境内の銘木

金持神社境内には、鳥取県銘木100選中、サワラ、チャンチンの2本があり樹齢600年位と云われています。サワラは神社の遷宮の際に屋根のコワ材として利用するために植えられたものと考えられています。チャンチンはセンダン科の薬木で、実は目薬に用い、先人が鉄生産の予防薬として、中国より取り寄せたものと考えられています。 県内では、このチャンチンの木、1本しか確認されていません。

チャンチンの木                サワラの木  

金持姓のルーツ

日本で一番景気の良い名字の「金持」。その金持姓のもとになった地名がこの地です。歴史は古く鎌倉幕府御家人、金持広親は1205年から守護職として、この伯耆の国を治め、鉄器製造が盛んである地域にふさわしく、国宝・太刀「童子切安綱」で知られる日本最古の刀匠、伯耆安綱を輩出しています。「吾妻鏡」などにも記載のある由緒ある名字の「金持」。全国の「金持さん」、自分のルーツを探しにぜひこの地へ。

「金持景藤公が必勝祈願」

この地の豪族、金持景藤は、1333年、隠岐を脱出された後醍醐天皇を奉じて討幕の軍に参加し大活躍しました。その際、金持神社に必勝祈願し、神前の戸帳を御旗にしたと伝えられています。京都への遷幸の折には、天皇の右側に名和長年公・左側が金持景藤公で「錦の御旗」を持ち上洛しました。金持大和守景藤公のお墓と伝えられている宝篋印塔が金持地内に現在も残っています。

開 運 伝 説

「長谷部信連公の再起」 平家物語や源平盛衰記など多くの古書で快男児としてうたわれている長谷部信連公。1180年、後白河法皇の第二皇子の平氏追討計画が事前に発覚、信連公は密かに皇子を宮殿から脱出させ、孤軍奮闘しました。そのため七年間、金持郷に流刑の身となりました。その間に日野町にとって大切な延暦寺、長楽寺、祇園神社などを残しています。平氏滅亡後、源頼朝御家人七人衆の一人として、安芸国宮島の検非違使、能登国の地頭職として山中温泉の発掘等を手がけ、のちに加賀百万石前田家の筆頭家老職(穴水城主)として明治まで続く長氏の始祖となりました。

喜びの声

金持神社に奉納された絵馬や、金持神社札所の寄せ書き帳には、お礼参りに来られた方々の喜びの声が記されています。 「私は還暦に億万長者になりました。有難うございました」 「ロト6と競馬と宝クジがあたりました。ありがとうございました。感謝しています。はれて大金持ちです。これで、家族、周りの友達が幸せになりました」 「私はジャンボ宝くじで3億円に当選しました!」 「今回で3回目の参拝です。2回ナンバーズ4が当たりました。有難うございました。これからも当たりますように。お願いします」

※この他、札所に立寄った人から「ギャンブルに強くなった」「参拝したおかげで、商売がうまくいった」などの話が多数あります。

大人気の”財布お祓い”ご予約承ります。


ご愛用され使わなくなったお財布をお祓いし、お焚き上げ致します。 ご依頼頂いた方には、お焚き上げの印として新たに金運を招く金の素をお送りしています。
こちらでカート手続にてご予約の上、お祓い料2,000円(金の素1個の料金)をお振込み下さい。
その後、送料はお客様ご負担で、使わなくなったお財布を金持神社札所までお送り下さい。
年4回(1月・4月・7月・10月の各25日)お祓い、お焚き上げをさせていただきます。
お祓い、お焚き上げ後、印として「金の素」をお送りさせていただきます。
「金の素」の発送方法の指定は出来ません。

※金の素は1個に付きお祓い料が2,000円です。
 お祓いする財布の数が複数ある場合は金の素をお受けになられる方の物に限り、  複数の財布をお炊き上げさせて頂く事は可能です。

・春の例祭  4月25日
・夏の例祭  7月25日
・秋の例祭 10月25日
・新年の例祭 1月25日 

ーー■財布送付先住所■ーー
金持神社札所(売店)

〒689-4512 住所:鳥取県日野郡日野町金持1490
金持神社札所(売店)

TEL・FAX/0859-72-0481

メールアドレス:info@kanemochi-jinja.net



金持神社の棚からぼた餅

『金持神社(かねもちじんじゃ)の棚からぼた餅』

ぼた餅は、金持神社札所(売店)でのみ販売しています。
ネット通販・電話注文での発送などは出来ませんのでご了承ください。

『金持神社の棚からぼた餅』は、皆さんに思いがけない幸運が舞い込むようにと名付けられました。そして、願いを込めながら、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。地元日野産のもち米とうるち米を使った、田舎を想わせる餡たっぷりのぼた餅です。


1箱6個入り1080円で、金持神社札所(売店)でのみ販売しています。冷凍状態での販売ですので、自然解凍(常温で2~3時間以上)後、早めにお召し上がりください。ネット通販・電話注文での発送などは出来ませんのでご了承ください。(店頭で購入された後の冷凍発送等は、お客様の責任において行ってください。)

お問合せ先 金持神社札所(売店)TEL・FAX/0859-72-0481

11月5日(土)に「第9回金持開運ウォーキング」大会を開催いたしました。

皆様こんにちは

11月になり、日野町は寒い日が続くようになりました。

冬の風物詩であるオシドリも日野川に飛来し、今年も元気な姿を見せてくれています。

さて、11月5日(土)に行われました「第9回金持開運ウォーキング」大会の様子をお知らせします!

今年で第9回を迎えました金持開運ウォーキングは、瀧山(たきやま)神社から金持神社までの道のりを歩くウォーキングイベントです。金持神社に詣でて開運、景色を楽しみながら歩いて健康を目指します!!

瀧山神社のあります、滝山公園の紅葉は、今年は見頃の一歩手前という感じでしょうか?例年よりも少し遅いようです。

早朝の会場は冷え込み、雲海が出ていました。雲海も、この時期ならではのもの。とっても綺麗ですよ。

受付が始まると、続々と参加者が来られ、当日申込みを入れますと、参加者は約260名になりました!昨年も多かったですが、今年はさらに多くの参加者が来てくださいました。

kan

事前申込みを頂いた参加者の皆さんには、今年は参加賞として「金持神社祈祷済幸運缶バッジ」を用意しました。

ウォーキングをされる方々は、帽子やカバンにバッジを付けておられる姿をよく目にしますね。

バッジはスタッフにも頂きましたバッジにある左三つ巴の紋様は、金持神社の神紋です。

こちらは、10月25日に金持神社の例祭にあわせて、宮司様にご祈祷して頂きました。

2

皆様の幸運を祈念しています。

金持開運ウォーキング大会の始まりは、瀧山神社鳥居前でおこなう開会神事です。

3

神事では、皆様の安全と開運が祈念されます。

この頃になると薄霧が晴れて、木々の間から光が射し、鳥居と祭壇が朝日に照らされ、幻想的な雰囲気に包まれました。

宮司様の祝詞の後は、舞姫による「浦安の舞」が奉納されました。

4

鮮やかな鈴の音が会場に響きます。

神事の後は開会式が行われました。

5

松本大会長のあいさつです。

来賓には、景山町長様、小谷議会議長様にお越し頂き、代表して、景山町長様よりご祝辞を頂きました。

開会式が終るとスタート地点の駐車場へ移動です。

スタート前には、参加者の皆さんに紅白餅が配られました。このお餅は瀧山神社の氏子さんがついて、宮司様が安全と開運を祈念してくださったものです。

さて、しっかり準備運動をしたあとは、金持神社を目指してスタートです!

6

まずは、Aタフコース(14.4㌔)とC絶景コース(5.9㌔)がスタート。

皆さん気をつけて、いってらっしゃーい

Bゆうゆうコース(8.5㌔)の皆さんは、スタート地点の給水所までバス移動です。バスから眺める景色も良いですよ。

スタート直後から絶景がお出迎え

7

 

 

橋の上からは、壮大な景色が一望できます。大山も見えたかな?

8

 

皆で集まって記念撮影。

9

今年も、ノルディックで参加される姿がありますね。ノルディックポールを使う事で、全身運動になるそうです。

10

 

 

天候は雲一つない快晴。皆さんの表情も晴れ晴れとしていますね。

11

おしゃべりしたり、足を止めて休憩したり。道中、ムカゴを採ったりする方もあったようです。自然がいっぱいの日野町を満喫してもらえたかな?

途中の給水所で一息。

12

C絶景コースは、給水所から金持神社までバス移動。金持神社が最終ゴールとなります!

 

金持神社は、約90段の階段をのぼりきって、やっとゴールです!

長い道のりを歩いてこられた皆さんは、この階段が最後の難関でしょうね。

お疲れ様でした!!

13

 

 

休日という事もあり、金持神社には一般の参拝者の方も多くおられました。

真剣な顔で両手を合わせ皆さん何を祈願されるのでしょうか。

金持神社で祈願の後は、大会目玉の開運抽選会!

14

 

良い景品が当たりましたか?

15

 

思わず笑顔がこぼれますね

 

 

 

札所(売店)横では、日野町の郷土料理「じゃぶ汁」の無料サービスもありました

 

16

 

旬の野菜や肉を入れて、味付けはミソやしょうゆなどお好みで!たくさんの具材を「じゃぶじゃぶ」と入れるところから由来しているそうです。


17

 

疲れた体にあたたかいじゃぶ汁が染み渡ります。

 

 

ゴールの金持神社から滝山公園に帰った後は、駐車場で中菅の皆さん「天郷坂に集まろ会」による滝山不動市もおこなわれました。

ずらりと並んだ新鮮野菜を手に、皆さん笑顔でした。

地元から参加して下さった皆さん、遠くから参加して下さった皆さん、本当にありがとうございました。この大会を支えて下さったスタッフさん、お疲れ様でした。

来年で10回目の大会となります。ぜひご参加ください。

金持開運ウォーキングで、お会いしましょう

10月25日(火)に、金持神社にて秋の財布お祓いを行いました。

10月25日(火)に、金持神社にて秋の財布お祓いを行いました。
参道に吹く風が冷たくなり、秋の深まりを感じさせます。
平日でも、金持神社は参拝者で賑やかです。何か良い事があったのでしょうか。境内では、参拝者の方々の笑い声が響いていました。

全国から寄せられた使用済のお財布は、奉納された絵馬の一部とともに、梅林宮司様にお祓い・お焚き上げして頂きました。お祓いが無事に終わりましたしるしとして、近日皆様のもとには「金運招来 金の素」をお届けします。
今しばらくお待ちください。
ありがとうございました。

※財布お祓いの様子※

財布お祓い

財布お祓い

BUBNOVA奥日野金持店休業のお知らせ

奥日野きのこのコンフィバーガー金持神社札所(売店)の駐車場付近で営業していました、バーガーショップBUBNOVA奥日野金持店が、8月より、バーガーフェスタ準備のため、お休みする事となりました。

バーガーフェスタは下記のとおり開催予定です。日野町自慢の「奥日野きのこのコンフィバーガー」を、会場でぜひご賞味ください!

~とっとりバーガーフェスタ2016~

鳥取県大会

日時:8月27日(土) 午後4時~

会場:植田正治写真美術館前(伯耆町)

全国大会

日時:10月9日(日)・10日(祭日)

会場:大山博労座駐車場(大山町)

金持神社へのアクセス
<お車をご利用の場合> 米子道江府インターで降りていただき、日野川上流に向かい180号線を15分走らせると根雨の町並みが見えます。町外れに180号線と181号線の分岐ありますが181号線(勝山方面)を5分上ると参道入り口手前に金持売店札所があります。お車はそちらに隣接する無料駐車場が御利用になれます。 金持神社の地図はこちら→Google <公共交通機関をご利用の場合> JR伯備線根雨駅で下車、駅からはタクシーか]町営バスで神社札所前までお越しになれます。 ただ、タクシーは駅に待機しておりませんので、日本交通根雨営業所0859-72-0219にご連絡頂くと駅までお迎えに参ります。 町営バスは運行時間が変更になることがありますので日野町役場ホームページ・便利長 にある板井原・真住線時刻表で確認ください。 札所からお社までは徒歩5分です。 およそ90段の石段を上ればお社です。途中、県の銘木100選にも選ばれた2本の木々の間を通って最高の森林浴をご体感ください。
奥日野観光情報 「日野路往来」

金持神社札所メニュー

金持神社の通販

金持神社売店(札所)と公式ネットショップは日野町観光協会が運営しています。 収益金は金持神社氏子会に分配され神社の修復整備等に役立てられます。

また、金持神社の公認商品は下記の「認定シール」が貼付してある商品です。


札所の営業時間
午前10:00~午後4:00まで
(年中無休)

金持神社のブログ

日野町観光協会フェイスブック

旅行代理店様

フェイスブック

インスタギャラリー

サイト内検索

観光マップ グルメ・遊び

提供 日野郡広域交流促進協議会

カウンター

本日のカウンター

昨日のカウンター

累計カウンター

Ninja Tools


↑ 上に戻る