祈願成就で全国から多くの方が参拝される神社

金運開運のパワースポット金持神社公式ページ

神社ブログ

その2=母里=

更新日:

そもそもどうして安来へ?
そう、それは「鉄」つながりだからです。
上質の鉄、「玉鋼(たまはがね)」の町、日野から
はがねの町、安来には鉄を運ぶ商いの道がありました。
こういったご縁があるのです。

加えて、ここ旧伯太(はくた)町井尻の
伊達家(参議院議員源一郎氏の生家)に
根雨の近藤家より嫁いでおられるというお話を聞き、
驚きました。

こちらの伊達源一郎翁の顕彰碑の写真は
ボランティアガイドの会様よりいただいたもの。
伊達源一郎
私の想像をはるかに上回る深いご縁です。
さあ、一万石の城下町、母里の町あるきに出発です。
ガイドの栂瀬(とがせ)さん、
よろしくお願いしまぁす。
柴田家御三家前
まずは柴田家御三家。
母里の町並み
南柴田家
柴田家本家
町中に水路が張り巡らされています。
本家は鉄の商家として、
分家は士分として
母里藩財政の立て直しに貢献したそうです。

ところで、皆さまの町には
「金屋子(かなやご)神社」はありますか。
たたらの女神様を祀る神社です。
金屋子神社のルーツとなったのがこの地で、
総本山は旧広瀬町比田にあるそうです。
比田の金屋子神社本殿前に
一際大きい一対の灯籠が奉献されています。
そこには「母里 大和屋」と彫ってあり、
この「大和屋」こそが柴田家の旧家名なのだとか。
由緒あるお屋敷なのですね。

古いお屋敷が並び、
タイムスリップしたかのようです。
母里の町並み
細工も見事。
母里土蔵
町並み
弘鶴橋を渡り、まちなかへ。
弘鶴橋
伯太川。
伯太川
あれ、川の水、何だか赤茶色で金気(かなけ)があることない?
ガイドの会、山さきさんに尋ねてみると、
昔、鉄穴(かんな)流しが行われていて、
鉄分豊かな土地だそう。
やはり。
かのや。
かのや
この地域で一番古い建物。
江戸時代のものだそう。
後藤家。
後藤家
家並みを見通してみて下さい。
本町通り
そう、見通せません。
通りに対して家屋が角度を持って並んでいる為です。
これは武者隠しと言って、
敵から見つかりにくくする為の工夫だそう。
時の櫓(やぐら)。
時の櫓(やぐら)
かつては火の見櫓として町を見守り、
現在は時の鐘として時を告げています。
ここで安来市内へ向かう時間となりました。
一万石の城下町は見どころ満載でした。
ありがとうございました。

金持神社までのアクセス

<お車をご利用の場合>

米子道江府インターで降りていただき、日野川上流に向かい180号線を15分走らせると根雨の町並みが見えます。

町外れに180号線と181号線の分岐ありますが181号線(勝山方面)を5分上ると参道入り口手前に金持売店札所があります。

お車はそちらに隣接する無料駐車場が御利用になれます。

<公共交通機関をご利用の場合>

JR伯備線根雨駅で下車、駅からはタクシーか]町営バスで神社札所前までお越しになれます。

ただ、タクシーは駅に待機しておりませんので、日本交通根雨営業所0859-72-0219にご連絡頂くと駅までお迎えに参ります。

町営バスは運行時間が変更になることがありますので日野町役場ホームページ・便利長 にある板井原・真住線時刻表で確認ください。

札所からお社までは徒歩5分です。

およそ90段の石段を上ればお社です。途中、県の銘木100選にも選ばれた2本の木々の間を通って最高の森林浴をご体感ください。


21Canonball様より

 

-神社ブログ

Copyright© 金運開運のパワースポット金持神社公式ページ , 2019 All Rights Reserved.